プラズマ利用の表面改質装置(大気圧)

メーカーCPI

大気圧プラズマを利用したRoll to Rollタイプの装置を提供する、CPI社の技術をご紹介します。

大気圧プラズマによるコーティング技術のご紹介

CPI(Coating Plasma Innovation)社は、2001年に設立されたコールドプラズマ表面処理におけるパイオニア企業です。大気圧または真空化におけるコールドプラズマ表面処理の技術を包装、印刷、高分子変成、繊維分野の企業に提供しています。

大気圧プラズマソリューションを独立した装置の提供、または、お客様の生産ラインに統合することができます。

性能

  • ウェブ幅:200mmから2000mm
  • ウェブ速度:800m/min

多くの素材に柔軟に対応

  • 高分子フィルム、織物、不織布(PP、BOPP、PE、PET、PEEK、PA、PVC、FEP、PTFE、ETFE、ECTFE、PVDF、PVFなど)
  • セルロース、紙、セラミック、ガラス、金属、メタライズドフィルム

多彩な表面処理技術

  • ターゲット製品の表面を化学的に活性化
  • 表面エネルギーの改質(濡れ性、接着性、剥離性、防汚性、生体適合性への耐久性アップ)
  • 摩擦係数の調整、滑走効果
  • バリア層、ハードコート

サポート体制

研究から生産に至るまでソリューションプロバイダーとしてサポートします。

  1. 具体的なオペレーションレシピの明確化
  2. オペレーションのデモンストレーション
  3. ソリューションの全体設計・構築
  4. トレーニング、アフターサービス

ご質問・ご相談などありましたら
お気軽にお問い合わせください