• 高機能フィルム
  • 太陽電池・二次電池
  • FPD・ガラス基板
  • プラズマによる革新的なナノコーティング技術
  • 半導体・電子部品
  • データストレージ(光・磁気)
  • 装飾用インラインスパッタリング装置
  • 摩擦・摩耗検査装置
  • 光ディスク:次世代太陽量光ディスクの開発をサポート
    真空装置部品製造、中古電源供給などで光ディスクの製造コスト削減に協力します。

  • 高機能フィルム:光学フィルムなどの機能性フィルムからファインメッシュまで高速・高精度な欠陥検査を実現
    欠陥検査と同時に膜厚・ヘイズ・密度の全面インラインモニタリングが可能

  • 太陽電池:世界最新のヘテロジャンクション、PERC用CVD・スパッタ・エッチング装置・ポリッシング装置をご提案

What's New

 

第9回 関西高機能フィルム展に出展しました

◆日   時:2021年6月23日(水)~6月25日(金)
◆会   場:インテックス大阪
◆公式サイト:https://www.filmtech.jp/ja-jp.html
【出展内容】

■プラズマによる革新的なナノコーティング技術をご紹介
   (ベルギー Europlasma社製品)
  • 真空プラズマ技術に基づく革新的ナノ・ソリューション

   -電子部品用超薄膜装置
   -不織布/テクニカルテキスタイルのコーティング
   -医療用器具へのコーティング

■摩擦・摩耗検査装置(米国アールテック社Rtec Instruments MFTシリーズ)
  • 豊富なオプションにより多様なご要望に対応します

   -摩耗後の表面形状検査
   -硬さ/弾性、スクラッチ体制、密着強度等を計測可

■超高速フィルム欠陥検査装置   EasyInspect/ AI検査ソフトMIDA Xを搭載

   ―高速ラインでの検査システムをお客様のニーズに合わせて設計します

  • 最大4系統(8チャンネル)の光源(反射光・透過光、など)を1台のカメラで同時処理、コストを低減。
  • 業界最高の検出レート1,280MHz:1,500m/分の高速でも180μmの分解能で検査可能。
  • 欠陥検査と同時にフィルムの膜厚、ヘイズ、密度、水蒸気透過率の測定も可能。
  • 検出した欠陥を自動的に分析/分類することで品質管理に貢献。

MIDA X のAI機能

  • 集積した欠陥データを容易にAI学習(オペレータがワンクリックで)
  • 欠陥検出の閾値を自動調整
  • 正確な欠陥分類により発生原因を解明、歩留まり改善、コスト削減
ウエットプロセス装置LINEAII

従来の検査装置による取得画像

MIDA XのAⅠ機能による取得画像

■製品名:パッケージング装飾用コーティング装置 Decoline II / Polycoater
 (ドイツSingulus社製)
  • 柔軟なコンセプトにより、スプレーコーティングモジュールと真空スパッタリングモジュールが相互リンクを果たし、従来の3D部品の生産に革命をもたらします。高品質のコーティング技術により、装飾面と機能面の両方の特性が改善されます。
  • 生産プロセスを自動化することで コスト削減、物流の効率化、人員の効率化を短期間で高めます。
  • 化粧品の容器や自動車の製造において、表面品質は これまで以上に重要である一方、とても費用がかかるステップです。DECOLINE IIは完全な自動化により時間のかかる手作業を省きます。 特に高級化粧品の容器には、威力を発揮します。
ウエットプロセス装置LINEAII

 

第8回 関西高機能フィルム展に出展しました

◆日   時:2020年10月7日(水)~10月9日(金)
◆会   場:インテックス大阪
◆公式サイト:https://www.filmtech.jp/ja-jp.html
【出展内容】

■製品名:抗菌/抗ウィルス向け部品用コーティング装置 PolyCoater
 (ドイツSingulus社製)
  • 柔軟なコンセプトにより、スプレーコーティングモジュールと真空スパッタリングモジュールが相互リンクを果たし、高品質のコーティング技術により抗菌・抗ウィルス対策として、対象部品に対して機能的かつ装飾面においても優れたプロセス処理を行います。
  • 生産プロセスを自動化することで コスト削減、生産性の効率化、人員の効率化を短期間で高めます。
■製品名:パッケージング装飾用コーティング装置 Decoline II / Polycoater
 (ドイツSingulus社製)
  • 柔軟なコンセプトにより、スプレーコーティングモジュールと真空スパッタリングモジュールが相互リンクを果たし、従来の3D部品の生産に革命をもたらします。高品質のコーティング技術により、装飾面と機能面の両方の特性が改善されます。
  • 生産プロセスを自動化することで コスト削減、物流の効率化、人員の効率化を短期間で高めます。
  • 化粧品の容器や自動車の製造において、表面品質は これまで以上に重要である一方、とても費用がかかるステップです。DECOLINE IIは完全な自動化により時間のかかる手作業を省きます。 特に高級化粧品の容器には、威力を発揮します。
ウエットプロセス装置LINEAII

■大気圧常温プラズマ   Capplas
  • プラズマを用いた表面改質技術は環境負荷が小さくクリーンなドライプロセスで、従来はプラズマを安定的に発生するには真空を必要とするなどの問題があった。
  • 常温の大気圧プラズマを発生させる技術と装置を独自に開発しその応用展開に取り組み、面状プラズマ化学反応を起こす事が可能な画期的な大気圧常温プラズマ発生装置(Capplas)を完成。
  • 沿面放電方式”で大気中で常温の面状プラズマを発生する。
ウエットプロセス装置LINEAII

■超高速フィルム欠陥検査装置   EasyInspect/ AI検査ソフトMIDA Xを搭載

   ―高速ラインでの検査システムをお客様のニーズに合わせて設計します

  • 最大4系統(8チャンネル)の光源(反射光・透過光、など)を1台のカメラで同時処理、コストを低減。
  • 業界最高の検出レート1,280MHz:1,500m/分の高速でも180μmの分解能で検査可能。
  • 欠陥検査と同時にフィルムの膜厚、ヘイズ、密度、水蒸気透過率の測定も可能。
  • 検出した欠陥を自動的に分析/分類することで品質管理に貢献。

MIDA X のAI機能

  • 集積した欠陥データを容易にAI学習(オペレータがワンクリックで)
  • 欠陥検出の閾値を自動調整
  • 正確な欠陥分類により発生原因を解明、歩留まり改善、コスト削減
ウエットプロセス装置LINEAII

従来の検査装置による取得画像

MIDA XのAⅠ機能による取得画像

■ラインカメラ式オートフォーカス顕微鏡(日本エレクトロセンサリデバイス製)

   ―無人運転可能なオートフォーカスシステム。

  • 透明プラスチックやガラスなどほかのオートフォーカス
    方式では不可能な対象物でも高いパフォーマンスを発揮。
  • 高分解能画像を取り込み可能。
  • 対象物のうねりや傾きにも追従。

■製品名:R&D向け小型ロールコーター(富士R&D社製)
  • 小ロット生産に適した小型・高性能マグネトロンスパッタ式ロールコーター。
  • 樹脂フィルムに光学特性を持たせた透明導電膜や機能性膜をコーティング可能
  • スパッタにより緻密な成膜、並びに走行パターンも多種設定可能。
  • 開発、パイロット設備としてご使用頂けます。

 

≪新製品発売開始≫
◆シングルス社製の装飾用コーティング装置 DECOLINE II の発売を開始しました。

従来メッキや蒸着でコーティングしていた金属薄膜をスパッタでコーティングします。
全自動の装置は従来に比べて1ライン当り最大25名の作業員の削減につながります。材料費も半減します。

詳しくは、下記URLをクリックして製品ページをご覧ください
https://mediken.jp/products/decoline_ii.html

下記から動画もご覧いただけます
https://youtu.be/TZ2sRNZRHAU

カタログお申込み、お問い合わせは下記まで

株式会社メディア研究所薄膜技術部
Email:sales@mediken.jp
Tel:0466-90-4286

 

第10回 高機能フィルム展に出展しました

◆日   時:2019年12月4日(水)~12月6日(金)
◆会   場:幕張メッセ
◆公式サイト:http://www.filmtech.jp/
【出展内容】

世界最高性能を誇る ドイツDr. Schenk社製品のご紹介

■超高速フィルム欠陥検査装置   EasyInspectAI検査ソフトMIDA X搭載

   ―高速ラインでの検査システムをお客様のニーズに合わせて設計します

  • 最大4系統(8チャンネル)の光源(反射光・透過光、など)を1台のカメラで同時処理、コストを低減。
  • 業界最高の検出レート1,280MHz:1,500m/分の高速でも180μmの分解能で検査可能。
  • 欠陥検査と同時にフィルムの膜厚、ヘイズ、密度、水蒸気透過率の測定も可能。
  • 検出した欠陥を自動的に分析/分類することで品質管理に貢献。

MIDA X のAI機能

  • 集積した欠陥データを容易にAI学習(オペレータがワンクリックで)
  • 欠陥検出の閾値を自動調整
  • 正確な欠陥分類により発生原因を解明、歩留まり改善、コスト削減
ウエットプロセス装置LINEAII

従来の検査装置による取得画像

MIDA XのAⅠ機能による取得画像


■Filmtest 3G
  • 500μ迄のフィルムの厚み測定と平米重量測定
  • 自動でフィルムを装置へ通します
  • 詳細偏肉分析ソフトウェア付随

■ラインカメラ式オートフォーカス顕微鏡(日本エレクトロセンサリデバイス製)

   ―無人運転可能なオートフォーカスシステム。

  • 透明プラスチックやガラスなどほかのオートフォーカス
    方式では不可能な対象物でも高いパフォーマンスを発揮。
  • 高分解能画像を取り込み可能。
  • 対象物のうねりや傾きにも追従。
■大気圧常温プラズマ   Capplas
  • プラズマを用いた表面改質技術は環境負荷が小さくクリーンなドライプロセスで、従来はプラズマを安定的に発生するには真空を必要とするなどの問題があった。
  • 常温の大気圧プラズマを発生させる技術と装置を独自に開発しその応用展開に取り組み、面状プラズマ化学反応を起こす事が可能な画期的な大気圧常温プラズマ発生装置(Capplas)を完成。
  • 沿面放電方式”で大気中で常温の面状プラズマを発生する。
ウエットプロセス装置LINEAII

 

本社オフィスを移転しました。


2018年2月5日(月)より本社をJR藤沢駅前に移転しました。
 住所:〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢496番地 藤沢森井ビル2F
 TEL:0466-90-4286(代表)/FAX:0466-90-4288
 非常時専用電話:0466-24-0766
 売り込み等のお電話はご遠慮下さい


◆オフィスフロアにデモルームを併設。

※駅から至便です。 (北口より徒歩2分・・・地図参照)
   お気軽にご来社くださいますようお願い申し上げます。